【迷路】任天堂 ファミコン

「任天堂ファミリーコンピュータ」の迷路です。


【迷路】任天堂 ファミコン


【迷路】任天堂 ファミコン(印刷用PDF:0.15MB)

迷路といっしょに。「ファミコン」の豆知識。

1983年7月15日生まれのアラサーです。

任天堂ファミリーコンピュータは、昭和58年(1983年)7月15日に発売されました。世界的に大ヒットし、最終的な出荷台数は、全世界累計で約6,291万台(日本約1,935万台/日本以外約4,356万台)を記録しました。

最初のゲームは、「ポパイ」「ドンキーコング」「ドンキーコングJr.」の3本です。

「ポパイ」「ドンキーコング」「ドンキーコングJr.」の3本、そして追加投入された「マリオブラザーズ」など、ファミコン初期はアーケードゲームからの移植作がほとんどです。すでに知名度のあるソフトを移植する事により、宣伝費の削減に貢献したそうです。

本体の「えんじ色」は社長の好きな色。

本体にえんじ色が使われているのは、当時社長の山内溥さんが好きな色(身につけていたマフラーの色)だったためで、社長命令により決定したそうです。


お友だちに伝えよう!

ゴールした後は、お友だちとシェアしてね!色んな人に遊んでもらいたいな♪



「更新情報」は、コチラで配信中!



プリントしてみんなで遊ぼう!

当サイトの迷路は、プリント配布フリーです。
ご家庭はもちろん、店舗キッズコーナー、幼稚園・保育園、学校、高齢者介護施設、各種イベント等で活用ください。(「迷路.jp」のロゴを取る等、内容の改変はご遠慮ください)

コメントを残す